川越市議会議員

中原ひでふみ

HIDEFUMI NAKAHARA

中原ひでふみ議員活動レポート 第4号

サロン・ド・ナカハラ vol.4(2012年[平成24年]3月発行)

中原ひでふみの議員活動レポート第4号

平成24年3月議会一般質問要旨

川越市の観光政策

観光の街川越のキーワード伝統と国際性・若者

中原ひでふみの議員活動レポート第4号

今回の一般質問は、川越は東京近郊に位置し、多くの観光資源をもち、観光産業も盛んな都市で、近年観光客数が減少傾向にあることへの問題意識から「観光政策」についてを取り上げました。 現状の観光政策として、若者向けの婚活ツアーやセカイカメラの活用などを実施されているとのことです。

その現状を踏まえ、行政に対し、「若者がフォトボイスなどを活用し、川越の観光スポットを発見し、紹介してもらう施策」、「観光情報サイトの構築をする」、「外国人向け宿泊施設(空家利用)を提供する」ことなどを提案し、それぞれ肯定的なご答弁を頂きました。

同時に、観光事業の税収による新しい評価方法を問い、現状は出来ないが、可能性を検討するご答弁と、市長からは、「伝統ある観光資源を保護し、基盤整備と地域経済活性化の観点で観光政策を推進する」とご答弁頂きました。(中原秀文)

平成24年度予算議会通過!!

1000億円を超える川越市一般会計予算。

中原ひでふみの議員活動レポート第4号

これまでの一般質問・委員会活動などで携わった案件も含めた主な事業を紹介します。

●川越運動公園陸上競技場第二種公認施設継続のための改修
●なぐわし公園(温水利用型健康運動施設等)平成24年8月運営開始
●西部地域振興ふれあい拠点施設(仮称)の整備開始
●川越駅西口駅前広場改修工事開始
●小・中学校通学路の安全確保のための整備事業
●子ども医療費(通院)小学校6年生まで拡大
●市政90周年記念事業
●新斎場基本設計および環境調査
●原付自転車オリジナルナンバープレート交付
●まちなかコミュニティーサイクル社会実験
●小中学校老朽化施設の大規模改造工事設計
●待機児童対策
●仮称就労支援センター設置

文化教育常任委員会

予算遂行は市民のために

中原ひでふみの議員活動レポート第4号

中原は、常々「予算は市民にとって常に有益に使われなければならない」と言っており、その判断を委ねられている信条を忘れずに活動していることを、先日の文教委員会での質問からも確認できました。 追及した質問の範囲は、

①在住外国人住民基本台帳
②商工会議所との民事訴訟
③審議会・協議会委員再任
④市政90周年祝賀記念事業
⑤運動公園、陸上競技場改修状況に伴う競技認定
⑥学校給食委託業者選定
⑦学校給食費未徴収金
⑧児童の学力低下防止策

と多岐にわたりました。

概要ですが、④の質問では学童の安全策について、市道2177号線の事例を交えて、市側の交通事故把握状況と通学路での事故防止策を追及。 ⑤では陸上競技公認記録認定の空白期間の対応について追及。

⑦は未徴収金が増加している現状への危機感を行政側に促し、特に⑧では教育関連予算が、「学力テスト調査」や、「指導方法の研究」、全国平均にやや劣る思考力向上策としての「大学と連携した理科実験プログラムの実施」、市独自のきめ細かい指導を実現する「少人数学級編成」などに予算が使われることを明らかにしました。(中原SC)

中原ひでふみ
川越市議会議員
議会運営委員会副委員長、産業建設常任委員会委員、広報紙編集委員会委員など